高額バイトの種類と比較

こんにちは。

今日は高額バイトの種類とそのメリット・デメリットについて考えてみたいと思います。

 

風俗

まずは高収入を考えて一番に思いつく職業です。

風俗の中でも種類は何種類かあります。

「高額=タフさが必要」となります。

収入は【本番あり(ソープランド)>抜きあり(デリへル・ピンサロ)>抜きなし(セクキャバ・オナクラ)】の順

 

メリット

・収入はNO、1。

 

デメリット

・一日に5名ほどの男性と性行為をするのでかなりの体力が必要

・一日に複数の男性と性行為をするので、プライベートでも感じにくいカラダになってしまう。

・性行為は欲望丸出しなので興奮すると無茶苦茶・無理やり・強引な行為をする男性が一定数いるので怖い思いをすることがある。

・不特定多数の男性を相手にするので、不潔な男性などでも相手をしなくてはいけない

・爆サイなどでの誹謗中傷を受ける事がある

・自分が住んでる近郊での勤務となるので身バレの危険がある【身バレ確率10%】

 

パパ活

流行りのパパ活。

聞こえのいい言葉が並んできますが実態は・・

収入は【大人>食事のみ】の順

 

メリット

・よいパパに出会える(確率0.0001%)

※よいパパの定義

数年もしくは数か月間、お買い物も付き合ってくれる、お食事も美味しいものをご馳走してくれる、いつもニコニコ、話をひたすら聞いてくれる、大人はなし。

 

デメリット

・風俗のようにお店を通してないのでかなり危険(実際、殺人事件も発生している)

・「お金をもらって“不特定多数の人”と肉体関係を持つこと」はグレーゾーン

・“パパ”が既婚者の場合、その妻側から「不貞の慰謝料請求」をされる可能性も

・食事だけで満足している男性は0.01%。実際は裏に欲望を隠し持っている、危険。

・メールのやりとりに時間が掛かる、食事の約束をしても数日前にキャンセルの連絡が多い、当日キャンセルも多い、連絡なしのドタキャンも多い。会えても単発が多くまた初めの人選からスタート。

1回のお食事代をもらうのにかなり効率が悪い。ドタキャンの場合は交通費持ち出し。

・自分が住んでる近郊での勤務となるので身バレの危険がある【身バレ確率10%】

 

 

大手アダルトビデオ

メリット

・出演料が高額

 

 

デメリット

・大手なので販売数が多い=その分多くの人に見られる【身バレ確率5%】

・多数の関係者に見られながらの特異な環境での撮影

 

 

個人撮影アダルトビデオ(俺のフェチの場合)

メリット

・個人なので販売数が少ない、マスクor目隠しでの出演OK【身バレ確率0.01%】

・こちらの想定以上に売れたら追加でボーナスお渡しします!

デメリット

・出演料が大手に比べると安い

・20代の若い男子ではない

 

 

 

風俗店勤務とアダルトビデオ出演の違い

風俗店はお客様一人相手にしてお金がもらえます。人気嬢になるまでは「待機時間」、デリヘルだと「移動時間」も拘束されるので時給として考えるならこの点も考慮しなければいけません。

対してアダルトビデオは1回の撮影(個人撮影は2~3時間・大手は8~10時間程度)に対しての出演料なので、時給で考えたら一番だと思います。

 

風俗店は一人一人と性行為をして、その都度報酬が発生します。結構疲れます。

対してアダルトビデオは一人の人間と1回性行為をするのみです。(例外あり)

 

風俗店は裸や性行為を見れるのはお客様のみ。

対してアダルトビデオは不特定多数の人が裸や性行為を観る。
正直アダルトビデオは大手も素人も新作が続々と出てくるのですぐに埋もれるとは思います。(やはり新作が人気あるので)ただ、映像として残るのは事実です。身バレの可能性もかなり低いとはいえゼロではありません。

 

どちらも売れてなんぼの商売ですから、「不特定多数の男性と実際に性行為をする」のか「不特定多数の男性から性行為を観られるのか」ご自身にあった方を選ばれたらいいと思います!

 

 

 

 

ご応募お待ちしております。